心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

友人は、厳選せよ。

友達は、これから「選ぶ時代」に入りました。

 

厳選とは、「きびしい基準で選び出すこと」です。

 

なぜ今の時代に友人を厳選することが必要なのかというと、「友達なんか簡単に作れるようになった」からです。

 

より正確に言えば、「友達なんか簡単に作れるようになった」と錯覚するように人々がなったからです。

 

SNSアプリでの出会いは、本当に薄っぺらいことが多い。

 

誤解のないように付け加えておくと、「薄っぺらいところからスタートするにもかかわらず、最初から分厚い関係を求めてはいけない」ということです。

 

有限の時間、限りある日にちを、テキトーな人間関係で済ませてはいけないのです。

 

では、具体的な話に入りましょう。

 

厳選を、どうやってすればいいのか。

 

この答えは、実はとても簡単です。

 

「あいつ、俺と同じことを考えているな」

 

です。

 

これは、自分自身を映し出す鏡としての他人というイメージに合致します。

 

自分自身のレベル、のようなものが低ければ、「同じことを考えている」イコール「低俗なことを考えている」ということになります。

 

問題は、「何を考えているかではなく、同じことを考えていることが重要」だということです。

 

自分自身が普段の生活の中で高い意識を持っていると、元々仲が良かった人たちがなんだか幼稚に見えます。

 

それは、あなたのせいでもないし、その友人のせいでもありません。

 

単純に、「同じことを考えなくなったから」です。

 

よって、「厳選することそのもの」はとても大事ですが、厳選する際の基準自体はびっくりするくらいシンプルだということです。

 

そして、この厳選を通してわかること、さらに言えば「高いレベルの状態で厳選し、わかること」は、

 

同じことを考えている人って、意外と少ない。

 

ということなのです。