心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

やりたくないなら、やらない。

やりたくないなら、やらない。

 

私たちはいつの間にか、このシンプルな行動指針を捨て去っています。

 

「やりたくないなら、やらない。」というのは、すなわち赤ちゃんが野菜を口に近づけられた時、苦そうだから顔を遠ざけるということです。

 

「やりたくないなら、やらない。」というのは、幼稚園児が遊びたくない友達に「僕、キミのことが嫌いだから一緒に鉄棒したくない」と言うことです。

 

今まであんなに正直に言えていた、できていた「やりたくないなら、やらない。」という原則を、もう一度思い出してください。

 

「やりたくないけれど、やる」のはなぜ?

 

「やりたくないけれど、やる」のは、言い訳に次の言い訳が乗っかって、今にも崩壊しそうな建物のようです。

 

「やりたくないけれど、やる」には、人間が本来持っていないエンジン(アルコール、タバコ、ギャンブル、乱れた性関係)がたくさん必要です。

 

つまり、やりたくないけれど、別の何かを犠牲にすることによって、やれるようにしているのが、現代人の行動になりつつあるということです。

 

なんだか、回りくどい。

 

シンプルに、一度、「やりたくないです」と言ってみてはどうでしょうか?

 

「そんなこと言ったら社会人失格では?」と言われたらこう返してください。

 

むしろ、勇気を持って発言できない人材の方が、失格だったりしません?

 

ここでの言い訳は、特に何でもよいです。

 

大事なのは、「やりたくないことをやらない感性」を取り戻すこと。

 

赤ちゃんの頃からできていたのですから、「獲得」ではなく、あくまでも「取り戻す」ということを、忘れないでください。