心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

ジョブ・ミニマリスト。

単刀直入に言います。

 

今やっている仕事は、本当に、あなたがやらなければならない仕事ですか?

 

このような記事をご覧くださっているあなたに、問いかけています。

 

つまり、お人好しでついつい仕事を引き受けてしまいがちなあなたに、この質問を投げかけています。

 

多くの人は、「ジョブ・マキシマム」状態に陥っているというのが私の見解です。

 

「ジョブ・マキシマム」状態とは、言い換えると「ヒマになったときにヘンな仕事を自ら生み出してしまう」ことを指します。

 

例えば、普段からたくさんのマルチタスクをこなしている人が、急遽休日をもらったとすると、なんだか落ち着かないということがあります。

 

もちろん、毎日のように仕事に賭けているということも重要ではありますが、「本来仕事をせず休むべき」ときには、必ずしも仕事にかけることが得策とは限りません。

 

あなたが本当にしたい仕事、やるべき仕事に邁進するためには、

 

やりたい仕事をする時間と、やりたくない仕事をする時間という考え方ではなく、

 

やりたい仕事をする時間と、やりたい仕事をしない時間という分け方が重要なのです。