心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

語り・ミニマリスト。

人間関係においてミニマリストになることを決意するためには、一つだけ注意しておかなければならないことがあります。

 

このたった一つのことを意識するかしないかで、「対人的ミニマリスト」になるのか「ただの孤独なワガママ人間」になるのかに分かれます。

 

それが、「あなた自身が選択した、数人の人たちとの関係を良好にすること」です。

 

というわけで今回は、ミニマルにしていくという方向性ではなく、その後の「健康的な人間関係」についてみていきましょう。

 

関係を良好にするために最も必要なことは、「相手が、良好な人間関係だと思ってもらえるように努力すること」です。

 

どうでもいい人や、会社での付き合いクラスの人間には、別にどう思われてもよいですが、大切な人に対しては、特に意識が必要です。

 

では、具体的にどうすればよいのか?

 

「自分が喋る時間」を、最小限にしてみましょう。

 

人は、その「大切度」にかかわらず、相手のことに関心を持つことはほとんどありません。

 

「冷たいことを言うな」と思うかもしれませんが、翻って自分自身のことを振り返ってみるとわかると思います。

 

「私」という存在は、何かについて語っているときに、自分が興味を持っている話題だからという意識を持たずに、「誰もがこの問題に関心がある」という勝手な前提をもって語るという傾向にあります。

 

なぜなら、「全員が関心が持っている」という正当化があることによって、「自分の語りは誰もが欲している」と思い続けることができるのです。

 

この話題が他の人たちとシンクロしている場合には問題ありませんが、先述したように人々の関心が重なっているような状況は残念ながらあまり生じません。

 

さらに言うと、「自分が語らないこと」と、「相手の話を聞くこと」は反比例するものではありません。

 

お互いに語る、Aくんが語りBくんは聞く、Bくんが語りAくんは聞く、この三つのうち、最もバランスが取れているのはもちろん「お互いに語る」です。

 

しかし、相手のことを大切に思っているのであれば、一度「聞いて」みてください。

 

相手の話に耳を傾けることによって、相手の方からあなたの語りを促してくれるはずです。