心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

ウザキャラ・ミニマリスト。

身の回りのモノを整理するのが一般的なミニマリストであるならば、「ウザキャラ・ミニマリスト」は「ウザいキャラクター」を目の前から消し去る習慣が確立している人を指します。

 

この「ウザキャラ・ミニマリスト」は、ビジネス場面ではもちろん、友人関係の場面でも、これからの時代に必須になってくる人物像です。

 

なお、恋人関係の場合には当てはまりません。あくまでも広い人間関係におけるウザいキャラについて述べていきます。

 

あなたの周りには、ウザいキャラクターはいるでしょうか?

 

そして、ついついそのウザさに巻き込まれて、仕事が手につかなくなることはないでしょうか?

 

どうでもいい話を急に振ってきたり、大声で喋ったりしている人たちは、速攻で自分の脳内から消し去る必要があります。

 

ここで考えたいのは、2つです。

 

【1. ウザいと思っているのはあなただけかもしれない】

あなた自身が「イヤだな」と思っているとき、あなたの中の「もう一人のあなた」が、

 

「みんな、なんだかんだで『あの人』のことを嫌っているけれど、合わせているんだ」と解釈することによって、あなたがそこに存在していることを正当化しようとしてきます。

 

キケンです。

 

なぜなら、多くの場合、他の人たちはその人のことを「ウザいな」と思っていないからです

 

つまり、誤解を恐れずに言えば「あなただけが浮いている」ことになります。

 

「浮いている」というのは、一般的には悪い意味で用いられがちですが、「周りの人たちと合わない」というのは中立的な表現です。

 

あなたの方が、レベルが上だと思ってください。

 

解釈の問題なので、実際そうでなくても心地よい解釈を選んだ方が得です。

 

このことに気づいたら、あとは簡単。

 

あなた自身の意識が、ウザいキャラクターを作り出したということになります。

 

よって、あなたがそこにいる理由はもうありません。

 

【2. ウザいキャラクターが鏡となってあなたに語りかけている】

あなたはきっと、どこかで「ウザいキャラクター」と自分を重ねている可能性があります。

 

もしかしたら、「自分のあの人みたいに大声でゴシップを話したい」「悪口を言いまくってスッキリしたい」なんて思っているかもしれません。

 

これが、あなた自身と向き合うチャンスです。

 

もしそのまま周りの人に流され続けていたら、その人と同化し、価値観を内面化するかもしれない。

 

これは決して悪いことはないです。でも、

 

あなた自身、胸糞悪くなることはあり得ます。

 

ある種、そのようなウザキャラと共鳴してしまっているのかもしれません。

 

そのウザキャラを見ているとき、あなた自身は本当に目の前のタスクに集中していると言い切れるでしょうか?

 

仕事の低迷っぷりを、ウザキャラのせいにしていませんか?

 

ここに気づけたら、今すぐ環境を変えましょう。