心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

感情・ミニマリスト。

今回は、長期的に考えるときに必要な考え方をお伝えしたいと思います。

 

ここでの「感情・ミニマリスト」とは、「言いたいことがあっても言わない」「感情を出すことを控える」という意味ではありません。

 

対人関係の中で、「正しい方法」を受け入れるときに感情を持ってこないスペシャリストのことを、ここでは「感情・ミニマリスト」と呼びたいと思います。

 

例えば、あなた自身が親や教師、先輩などから何かを注意されたとします。

 

「挨拶はちゃんとしなさい」

 

「ゴミはしっかり捨てなさい」

 

「相手の話を聞きなさい」

 

全て、正論です。

 

しかし、私たちはそのようなアドバイスをアドバイスとして受け入れることができないことが多いです。

 

心理学ではよく「心理的リアクタンス」と呼ばれますが、今回はもう少し本質的な点をみていきます。

 

それが、「相手の思うツボになりたくない」という感情です。

 

先ほどの「挨拶」の例で言えば、あまり尊敬していない先輩に挨拶するように言われて、次の日から会うたびに大きな声で挨拶することを想像すると、

 

なんだか負けたような気がするのです。

 

しかし、人生を俯瞰的に見たとき、挨拶ができる人間の方がそうでない人間よりも圧倒的に対人関係を上手くコントロールすることができます。これは事実です。

 

したがって、目先の「先輩から言われたからやっている自分って・・・」という悔しさは、長期的に見れば十分な見返りを得ることができるといえます。

 

これは挨拶に限りません。

 

日常的にすべきマナー、日本人が持っているべきモラルは、他人から教えられることがほとんどです。

 

そして、多くの場合は「感情を揺さぶられるような注意のされ方」があなたを襲っていたことでしょう。

 

実際、体罰は明らかにいけないことですが、そこから学んで「あの教師がいたから良くなった」と解釈し直すのは必ずしも「正当化だ」とはいえません。

 

本人が、変えられない過去を糧にする過程を踏んだことになるので、今後のそういった行為を是認しない限りは健全です。

 

自分が過去を振り返ったとき、最も難しいハードルとは「許す」ということ。

 

ここで一番邪魔になるのが「感情」です。

 

「感情・ミニマリスト」になることによって、「ひと」ではなく「行為」を学ぶことができます。

 

残念な先輩だからといって、アドバイスの内容が全て残念とは限らないという理性的な判断が必要になってくるのです。