心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

干渉・ミニマリスト。

今回は、干渉について2つの側面から考えていきます。

 

【1. 干渉・ミニマリストは干渉されないことを重視する】

「干渉・ミニマリスト」の第一の特徴は、「とにかく干渉を嫌う」点にあります。

 

ポイントは、「干渉・ミニマリスト」は感情的なくらいに干渉を回避するということ。

 

自分がやるべきことが定まっている場合はもちろん、何をすればよいか一時的にわからない場合でも人の話を聞きません。

 

誤解のないように言っておくと、「人の話を聞かない」というよりも「聞くべき人を選ぶ」と言った方が明確です。

 

誰の話も聞かないというわけではありません。

 

そして、「干渉・ミニマリスト」は時に、徹底的に自分の殻に閉じこもります。

 

なぜなら、「本当にやりたいことは、自分の中からしか導き出せない」ことを知っているからです。

 

【2. 干渉・ミニマリストは干渉しないことを重視する】 

「干渉」という言葉には2種類の方向がありますが、日本語では受け身として「親に干渉されたくない」といったような表現をすることが一般的です。

 

一方で「干渉・ミニマリスト」は、他人に対する干渉を最小化していきます。

 

「干渉・ミニマリスト」の第二の特徴が、これです。

 

理由は大きく2つあります。

 

一つ目は、「人は変わらないということを誰よりもわかっているから」。

 

他人にアドバイスをしても、もしかしたらそらはアドバイスではなく自己満足かもしれない。

 

もしかしたら、注意した短所はその人が誇りに思っていることかもしれない。

 

それならば、少しドライに聞こえるかもしれませんが、干渉することをやめた方がよいと考えます。

 

ポイントは二点目にあります。

 

「他人に干渉するために人生を生きているわけじゃない」と強く自覚しているから。

 

他人に干渉するほど、人生は暇ではありません。

 

裏を返せば、他人にとやかく口出ししている人はド暇なのです。

 

 

 

 

※この記事がいいなと思ったら、スターと読者登録をよろしくお願いします!!