心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

愛想・ミニマリスト。

本当は自分の意見を言いたいけれど、周りの評価・評判が気になって、自分の主張をすることができない。

 

日本という島国において、このような悩みを抱えている人は結構多くいます。

 

その代わりなのかはわかりませんが、愛想笑いをしている人も多くいます。

 

自分が出したい意見を最小限にし、自分とは反する感情を最大限放出している。

 

そりゃ、ウツになってしまうよ。

 

自分というものが表現できない人が、どうやって自分を保つことができるのか?

 

もしこの記事をご覧になった方の周りに、愛想笑いばかりして苦しそうにしている人がいたら、

 

愛想・ミニマリストを目指させてみたらいかがでしょうか?

 

「愛想・ミニマリスト」とは、「自分の思っていることと違う話題で盛り上がっても笑わない人」を指します。

 

一見冷たそうな人間に見えるかもしれませんが、実はそんなことありません。

 

なぜなら、「愛想・ミニマリスト」はそもそもそういった「どうでもいい会話」の場面に顔を出さないからです。

 

先ほどとは別の話で、あなたの周りにはいないでしょうか?

 

どうでもいい会話になった瞬間にフェードアウトするのがウマイ人。

 

彼ら「愛想・ミニマリスト」は、自分の本心とは違う方向性になったときに「愛想笑いなんかしたくねぇ」という感情と「だからといってブスっとしているとそれはそれで無愛想だ」という理性的な判断によって、「にげる」ボタンをしれっと押します。

 

愛想・ミニマリストは、無愛想な態度を見せないのです。

 

単に「自分の意見を通したい」だけであって、場の空気を壊すことが目的ではないことを重々承知なので、自分が引けば丸く収まることを知っています。

 

ポイントは、ほとんどの人は噂話が好きだということ。

 

そして、あなたや周りで苦しんでいる人みたいに、「この話、本当はしたくないけれど、合わせなければいけないよな・・・」というテンションで話に加わっている人はほとんどいないということ

 

ここに気づくとだいぶラクになれます。

 

なぜなら、とかく人は「自分が思っていることは他の人もそう思っている」と考えがちだからです。

 

噂話が好きな人、人の陰口で盛り上がるのが好きな人は、天性のものだと思ってください。あなたがわざわざ後天的に「噂話を好きにならなければならない」なんて思う必要性は皆無なのです