心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

グループに、属さない。

足下を見ると、自分一人で立っていることがよくわかる。

 

「人は一人では生きられない」とよく言うけれど、それが「集団の中に常に埋もれていなければならない」ということには直結し得ない。

 

あなた自身がもし、本当にそのグループに嫌気が差しているのならば、即刻その状況を脱却すべきだ。

 

耳の痛い話をしよう。

 

あなたはもしかして、そのぬるま湯に満足しているのではないか?

 

グループに所属することがそもそも好きな人、そのグループの居心地がすこぶる良い人は、その温度が「適度にあったまる」と勘違いしている。

 

意識の低さが、気持ちの温度の低下を招き、ぬるま湯さえも熱いと感じさせているのかもしれない。

 

グループから脱するというのは、多少なりとも温かかった場から抜け出し、一度寒いフィールドに立つことを指す。

 

あなたには、その覚悟があるだろうか?

 

真に成功する人間は、孤独を好む傾向にある。

 

なぜ好むか。それは孤独になった時に感じる冷たさを心地よく感じているからだ。

 

卑近な例を挙げるならば、サウナに入った後の水風呂を楽しむ感じだろうか。

 

一番大事なのは、その冷たさが悪ではないということ。

 

グループから去ることが悪ならば、流石にここまで勧めることはないだろう。

 

しかし、もし集団所属というカテゴリーの中に悪というものがあるなら、それは「いたくもないグループの中に居続けること」なのかもしれない。

 

所属して苦しい思いをしている自分はもちろん、常にブスッとしている自分を見て嫌な気分になっている他のメンバーがいるかもしれないからだ。

 

そしてこの話は、決して「24時間集団に所属するな」という意味ではない。

 

自分の時間を確保することによって集団パフォーマンスに自分が寄与できるならそれでよいのだ。

 

一番の問題は、「集団に所属する以外に選択肢がない」と思考停止に陥ることなのである。