心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

ミニマリストは皆、バリアーを持っている。

※ここでの「バリアー」は、障害という意味ではありません。

 

人間関係を上手くコントロールしている「対人関係的ミニマリスト」は、実は「対人関係から受けるストレスが人一倍大きい」という特徴を持っています。

 

ここで、「対人関係的ミニマリスト」は意識的にあるものを身に纏っているのですが、それは一体何でしょうか?

 

答えは、「境界線」です。

 

「自分は自分、他人は他人」と考えることができれば、いっさいの人間関係の悩みから解放されます。

 

昔、鬼ごっこのときに、謎の「バリアー」という技がありました。

 

「バリアー」を使っている間は、鬼はタッチすることはできないという法律すれすれの最強技です。

 

 

さて、人間関係の前提として、人の意見や育った環境は全く異なります。

 

たとえば、飲み会に参加したあなたがレモンサワー大好き人間だとします。

 

さて、飲み会が始まる前に店員さんが「お飲み物はどうしましょうか?」と聞きます。

 

ある人が何の気なしに、「えーっと、とりあえず・・・」と言います。

 

とりあえず生という地獄が始まります。

 

ここで「バリアー」を張るというのは、「周りの人が生ビールを注文することと、自分がそれに同調しなければならないなんてことは全くの別物」と考えるということです。

 

 

対人関係的ミニマリストは、無意識のうちに同調したり、それによって疲弊したりした経験をもっているので、あえて声高らかに「いや自分はレモンサワー頼みます」と言います。

 

すると、周りで実は別の飲み物を注文したかった人たちはこぞって「じゃあ俺はウーロンハイ」と言えるのです。

 

これが、「バリアーのお裾分け」です。

 

今は「アルハラ」なんて言葉もあるので、同調したくない、ついつい合わせちゃう、なんて人にとっては嬉しい時代になってきました。

 

常に心に厚めのバリアーを張っておきましょう。