心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

仕事は、タルタルソース。

今回は、「ミニマル仕事術」について、「タルタルソース」という比喩を用いて論じていきたいと思います。

 

「タルタルソース」は、エビフライやカキフライにかけるとウマイ、あれですね。

 

でも、あまり見かけないっていうのもマイナーな特徴です。

 

ここでは「タルタルソース」の細かい説明は一切しません。ポイントは、

 

人間の能力も「タルタルソース」も、用途が限られている

 

ということです。

 

では、私たちは普段、自分の能力についてどのように認識しているでしょうか。

 

答えは、「過大評価」です。

 

日本人は一見謙虚に見えますが、それはあくまで上っ面の話であって、実際には自己卑下をそれほどしていないのが実情です(何となくわかっていただけるかと思います)。

 

そして、私たちはあまりにも「自分には何でもできる」と思っているからこそ、いろいろなことに挑戦「してしまう」のです。

 

言うならば、「タルタルソース」が豚カツにかかろうとするようなものです。

 

お刺身にも煮付けにも「タルタルソース」をかけるのは「やりすぎ」だとわかるのに、とかく自分自身については何でも屋になってしまうのです。

 

では、具体的にどんなことをすればいいのか。

 

例えば、「タルタルソース」はエビフライにマッチします。

 

ここからいきなりハンバーグに進むのは「やりすぎ」です。

 

データに基づいた判断をすると、これは「エビに関連する食べ物」に挑戦するということです。

 

エビフライに合うのであれば、エビとブロッコリーのサンドイッチにも合うかもしれない。

 

ブロッコリーに合うのであれば、他の温野菜にも合うかもしれない。

 

得意分野で勝負することを忘れないのが勝利への近道です。