心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

人生の「過去問」を確認せよ。

人生は、色々な人々の積み重ねから改善されることがあります。

 

はじめに、私たちが何かアクションを起こす時には、必ずと言ってよいほど必要なものがあります。

 

それは、「全く同じようなことを、過去の人々はどのようにしていたか」ということです。

 

「過去問」とは、何か事業を起こす時や会社を運営する時に必要経営や人材管理などに関する知識を指します。

 

いろいろな場面で「まず行動を!」なんて言われますが、無知な行動と勇気ある行動は別物だということです。

 

この「過去問」ですが、簡単に言えば「ゴールに向かっていく中で、できるだけ近道ができるように」学ぶのが普通です。

 

ここに、大きな学びがあります。

 

例えば、あなたが「なんでもいいからお金稼ぎをしたい」というふわっとしたモチベーションで飲食店をやるとします。

 

そこに、「レンコンの天ぷら専門店を必ず成功させる」コンサルタントが出現しました。

 

彼の経営に関する「過去問」的な視点はピカイチで、さらに自身の人生哲学も耳を傾けたくなるほどにかっこいいものでした。

 

つまり、「ひとまず、は完璧だ」ということです。

 

もし、あなた自身が本当にレンコンの天ぷらだけに残りの人生の全てをかけてみたいと思っていたのであれば、彼はメンターであり、運命の出会いをしたことになります。

 

しかし、おそらく、あなたはレンコンの天ぷらの美味しい上げ方、美味しい印象を与えるような見せ方、価格設定など、「具体的にこうすれば成功できます」という間接的な情報を知れば知るほど、

 

「本当にやりたいことではないな」と気づくに至るのです。

 

これは、相手が中途半端な人間である場合には気づき得ません。

 

本気の人間から、分厚い過去問の冊子をもらってはじめて、自分が「本気でなかった」と気づくことができます。

 

「過去問」を確認した際に心が踊るかどうかを観察できる。これが、過去問を見る真の有用性です。