心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

ミニマルとは、丁寧のことだ。

私たちは、自分で自分の「感情」を決定することができます。

 

それは、「意識的に感情を読み取る」ということです。

 

このワザを習得することができれば、どんなに状況が客観的にキツくても、自分を整えて質の高い時間を過ごせるのです。

 

では、質の高い時間とは一体、何でしょう。

 

それは「丁寧に生きていること」です。

 

先日、レストランに入り、席に着いた時点で素敵な人を目撃しました。

 

一人で来ている女性のお客さんが、料理を食べた後に手を合わせて「ごちそうさま」と囁いたのです。

 

感動しました。

 

おそらくこの人は、丁寧に日々を過ごしているのでしょう。

 

自分の行為が他の人に見られているかどうかは関係ありません。

 

私たちも、今日から変われます。今日から丁寧に生きることができます。

 

単純なことをすればいいだけです。靴を揃えたり、職場のゴミを拾ったり。

 

逆に、「他人が見ていない状況」で、心の整った行動ができていないということは、心が荒んでいる可能性があります。他人が見ている場では、別の要因で良い行いをするからです。

 

「丁寧」が質の高い時間をつくり、質の高い時間が新たな行動を再生産していく。

 

丁寧に靴を揃えるところから、はじめてみませんか?たとえ誰も見ていなくても。むしろ、誰も見ていないときに。