心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

たった一人、親友をもて。

あなたのことを、本当に大切に思ってくれる人。セカイでイッタイナンニンイル?

 

少なくとも、職場にはいねーな。

 

家に帰って、あなたを無条件にハグしてくれる人はいるか?

 

大切な人は多ければ多いほどいいかもしれないが、本質的には一人でいい。

 

今回は友情に限った話をしていく。

 

はじめに、自分の命の時間を無駄にしてまで、友達を増やす必要はない。

 

もしあるのならば、教えてほしい。

 

唯一答えがあるとすれば、「今後、親友になるかもしれない」というものがあろう。

 

しかし、性格が歪んだやつもいるし、非常識なやつもいる。

 

親友を「獲得しよう」としている時点でその夢は叶わないからだ。

 

もし、あなた自身が友達が少ないことに悩んでいるのだとしたら、あなたは「少ない友人関係を大切にできる」才能を持っている可能性大だ。

 

遊ぶ友達を1万人作っても、一日に遊べるのはせいぜい数人だ。

 

いつの時代も、私たちは隣の芝生を見てしまう。

 

そんな時代だからこそ、意識を「ひとり」に向けてみないか?