心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

ときどき、殻に閉じこもってみる。

今回は、「ときどき、殻に閉じこもってみる」ことの大切さについて論じていきたいと思います。

 

よく、「殻に閉じこもる」という言葉を聞きますが、大抵は悪い意味で使われます。

 

まずは、物理的に「殻に閉じこもる」という場合。

 

「せっかく天気がいいのに、家にいるなんてもったいないよ」、という具合に用いられます。

 

これに関しては、「なんで、天気がいいと外に出なければならないの?」という視点が必要です。

 

たしかに、なんだかもったいないような気がしますが、それはあくまでも個人の感想です。

 

部屋でゆっくり休みながら、青空を鑑賞しても良いのです。

 

そして、メインの話は「精神的」な面です。

 

「殻に閉じこもっていないで、もっと人と会話したら?」

 

余計なお世話です。

 

個々人には全てタイミングというものがあります。

 

その人が人間関係に疲弊しているのだとしたら、「殻に閉じこもる」というのは逃げではなく選択です。

 

仮に、客観的に明らかに「逃げ」だったとしても、本人が身を守るのは正当防衛です。

 

客観的な意味なんて、気にしなくていいよ。

 

ということです。

 

ただし、一生殻の中にいるのは、やはりお勧めできません。

 

一時的にであれば、の話です。