心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

仲良くなりたきゃ自分から。

「仲良くなりたきゃ自分から。」

 

これが今回のテーマです。これは、あらゆる人間関係をミニマルにした上での「人生を豊かにする方法」です。

 

例えば、あなた自身が(ストレートな言い方になりますが)嫌っている人を想像してみてください。

 

おそらく、普通の人です。

 

それは、あなた以外の人間の、その人に対する「普通的な」評価を見れば明らかでしょう。

 

だからこそ、その人、そしてその人と仲が良い人たちと、話が合わなくなるのです。

 

これはあなたのせいではありません。しかし、よくよく考えてみると、「あなたのその視線が影響をもたらして、相手からの視線を変えている」ことになります。

 

お互い様であり、お互いが原因ということですね。

 

これは無意識的に行っていることであり、もしかしたら本能なのかもしれないので、ここでは不問にします。

 

問題は、「あなたが好きな人」に対しての反応です。

 

「仲良くなりたきゃ自分から。」というのは、あなたが、嫌いな人に向けた視線や態度が「キャリーオーバー」的な感じになっていないかという質問から始まります。

 

あなたが仲良くなりたい人に対して、「相手から来てくれないかな」と思っているようであれば、一生かかってもきません。

 

人生は、有限だというのに。

 

ここで思い出してもらいたいのは、お互いに、「相手から来てくれないかな」と思っているかもしれないということです。

 

だとしたら、話は簡単ですね。

 

こちらから行くのを、相手はウェルカムなわけだから。

 

だから、好きな人に次に会うときには、是非あなたの方から、この知識を得たあなたの方から、ほほえみかけてみてはいかがでしょうか?