心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

いちばんのカギは、幼少期。

「幼い頃に、私は何をしていたのだろう?」

 

「ミニマルな人生設計」を構想する際によく頭をよぎる疑問があります。

 

それは、「必ずしも全ての人がミニマルな人生である必要はない」という当たり前な事実から生まれる、「ではその基準は何なのか?」というものです。

 

ここに私は仮説を打ち立てます。

 

幼少期に、特にストレスもなく、普通に育った人は、ミニマルな人生を生きる必要はありません。

 

なぜなら、「器が完成されている」からです。

 

多忙なスケジュールや複雑な人間関係に耐えていて凄いなぁと側から見ていても、実は本人はそんなことすら感じていなかったりします。

 

これは、良い・悪いという価値の話ではありません。

 

幼少期にストレスを受け続けてきた人や、大きなネガティブ・インパクトを受けた人は、

 

どこか、思い切り人生を楽しめないような気がしています。

 

かくいう私も、自己表現をしていなければ生きている感覚を持つことができないタチです。

 

幼い頃からストレスに晒されてきた人は、「もう二度とあんな目にあいたくない」と強く思うため、そのようなネガティブ・インパクトの兆しに敏感になります。

 

だからこそ、より「ミニマルな人生」を追求する必要があります。

 

そうしないと、ただただ過去に縛られた人生を過ごさざるを得ないからです。

 

あなたの幼少期は、どのようなものでしたか?

 

私はもちろん聞きません。

 

自分自身に問いかけてみてください。