心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

プチ贅沢が生活を彩る。

「ミニマルな日常生活」を送る上では、基本的に「モノ」は最小限である方がよい。

 

これは、誰もが認めることだと思います。

 

一方で、「一時的に持つもの」については、ミニマルな日常生活の中でもどんどん持って良いものです。

 

例えば、「300円の牛丼に、生卵をのせてみたい」という場合。

 

卵は1パックで100円で買える店を知っているにも関わらず、ここで生卵を注文すると1個100円だと考えてしまうこともあります。

 

あなたは、ここで、「じゃあ、牛丼を持ち帰りにして、家に帰って冷蔵庫にある卵を割ってかけて食べよう」と思いますか?

 

これは単純に、ケチな感じがします。

 

なんだか、楽しくありません。

 

もし、友達が「ねぇ生卵ってこんなに高いの?家で食べようよ」と言ったらどう思うでしょうか?

 

ケチな考えや行為は、自分一人で生活するのには欠かせないものです。絶対必要です。

 

他方、日常の中にある「プチ贅沢」は、「本当は使わなくても良い」場合がほとんど。

 

トッピングがなくても、そのお蕎麦は十分旨い。

 

ポップコーンがなくても、映画を観に行っていることを忘れなければ問題ない。

 

・・・でも、楽しくなければ意味がないときもあります。

 

これが、「経験の積み重ね」です。

 

無理して買ったり、勧められるがままにトッピングしたりしろと言っているわけではありません。

 

生活を彩るための差し色が、「プチ贅沢」なのです。