心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

友人への期待をミニマルにしよう。

私たちが自分の友人に怒りを覚えるのは、「相手に期待をしているから」に他なりません。

 

例えば、待ち合わせの時間に遅刻してくる場合。

 

あなたが「待ち合わせの時間というものは、その時間に集合するということだ」という期待をもっていると、友人が遅れて来た瞬間に「搾取されたような気分」になります。

 

「友人への期待をミニマルにしよう」という提言は、「もしかしたら友人は、待ち合わせの時間とはあくまで目安だと本気で考えているかもしれない」のいう解釈の書き換えを提案しています。

 

また、あなたがどうしても友人に期待をしてしまっているのなら、まずはこう考えましょう。

 

私は、間違っていない。

 

相手も、間違っていない。

 

価値観が、合わないだけ。

 

あとは、寄り添うか、離れるかを決断するだけ。

 

簡単なことです。

 

あくまでもあなたは、「その友人との相性が良くないだけ」であって、「友人全てとの相性が良くないわけではない」と考えられればサイコーです。

 

さらに、この相性が合うか合わないかは二元論ではなく連続量的なものなので、相性度のようなものが0から100まであると考えるとよいでしょう。

 

つまり、「時間に対する考え方こそ合わないけれど、一緒にいて楽しい」のであれば、待ち合わせの時間ピッタリに来ることを期待するのではなく、遅れることを想定して、こちらも予定より少し遅れて行ったりすればよいのです。

 

そして、もしかしたら、否、高い確率で、相手も何かしらの不満をあなたに抱いているかもしれません。

 

そこはお互い様。それでも、相手の良いところが互いにあるから、友人関係でいられるのです。