心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

やっぱり、相談に乗ってくれる人は大事。

あなたは今、切羽詰まっていますか?

 

あなたは今、「誰か」に話を聞いてほしくてたまらないですか?

 

これはあくまでも主観的な問題です。

 

他人から見て明らかに絶好調であったとしても、自分自身がそう思ったのなら「真実」です。

 

さて、この問題は雷のように、ゲリラ豪雨のように、突然襲ってきます。

 

あなたは、朝起きた時に、やけに調子良すぎだなぁと思ったことはありませんか?

 

そういう時って、数時間経つと、とてつもない虚無感や絶望が後に続きませんでしたか?

 

主観は、ネガティブな状況下で自らを奮い立たせる効果もありますが、ワガママに自分を振り回す傾向も同時に持ち合わせています。

 

相談に乗ってくれる人とは、「あなたのちょっとした不調に気づいてくれる人」です。

 

「話聞こうか?」という人は、本来は一番身近にいてもらいた存在です。

 

このような温かな存在がないと、部下はそっと辞めていきます。

 

あなたがその小さな兆候を逃したことによって、部下は「これ以上いても悪化するだけ」だと思い直して転職していくのです。

 

会社は結局、お金もらうために集まったゲゼルシャフトだったのだと、諦めます。

 

そんな悲しい顔をしなくてほしい。

 

そんな寂しい背中を見せないでほしい。

 

エゴが入っていたとしても、相談に乗る、話を聞く、この行為が大事です。

 

あなた自身にとっての「相談に乗ってくれる人」も大事ですし、あなた自身が誰かの「相談に乗ってくれる人」になることもまた、大切なのです。