心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

好きな靴を履いて出かけよう。

今回は「靴」とミニマルについてお話していきます。

 

私たちはよく、「睡眠は人生の3分の1。だから大事だよね」という感じで睡眠用具の吟味を迫られます。食事の回数などもその類です。

 

そして、これは「靴」に関しても言えます。

 

決して批判するわけではありませんが、靴をコレクションして飾るのは、靴の本来の姿ではないような気がしています。

 

なぜなら、靴は「履かれるために生まれてきたから」です。

 

そして、興味深いことに靴は一日の中でなかなか履き替えません。

 

よって、靴は、その日一日を一緒に過ごす相棒なのです。

 

そんな相棒に、好みでないものを選ぶ人は普通いません。しかし、相棒という認識をしていないと、ついつい「あまり気になっていない靴」を履いてしまいがちです。

 

では具体的にどのような靴が「履いていて楽しい靴」なのか。それは、

 

ついつい膝をくねくねして、自分の靴を眺めちゃう。

 

この現象が生じるかどうかです。

 

数多の靴を所有していても、有限の人生の中で履けるのはごく一部。

 

お気に入りの靴を履いて、さぁ、出かけよう。