心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

無理して明るい服を着なくていい。

時々、セミナーか何かで「明るい気持ちになりたければ、明るい服を着なさい」と教えられることがあります。

 

たしかに、明るい服に身を包んでいた方が明るい気分になるような気がします。

 

その一方で、私は「黒」が好きです。理由は、ありません

 

「黒」ばかり着ていると、たまに「もっと明るい服を着た方がいいよ」とアドバイス的なことを言われます。

 

はっきり言って、余計なお世話です。

 

なぜなら、服を着ているのは「私」であって、その人ではないからです。

 

「ワンポイントなら黒もいいけど」とか、「リュックは黒でもいいかも」とか、そんなのは全て主観でしかありません。

 

もし身近な人が、あなたの服の好みを否定するのであれば、その人から離れてみても良いレベルです。

 

(ただし、あなた自身が自分のファッションに自信がない場合や、新たな着方に挑戦しようとしている場合は、むしろ多様な意見を取り入れた方が良いでしょう。)

 

ポイントは、他者からどう見えるかという「外面」ではなく、その服を着てあなた自身がどう感じるかという「内面」です。

 

どんなに他人から見て「似合ってるよ!」と言われても、本人が納得いっていなければ意味がないように思います。

 

服屋に行って、虹色に近い品揃えがあるということは、全ての色にニーズがあるということ。

 

その中で黒を選ぶのは、を選ぶこと、を選ぶことと何が違うのでしょうか?

 

ちなみに、黒を着ろと言っている訳ではありません。好きな色が明るい色であれ、暗い色であれ、他人にとやかく言われる必要はないということです。

 

着たいものを着て、楽しく人生を過ごせばよい。他人の目線は気にしなくてよいのです。