心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

【祝1000記事目】心をミニマルにするたった1つの方法。

本日、2月29日。「ミニマル心理学 & 教育」が1000記事目を迎えることになりました。

 

いつもご覧くださっている方々、そして読者登録をしてくださっている方々、本当にありがとうございます。これからも、「心をミニマルにする」ことを中心に、お話をしていきたいと思います。

 

今回は、改めて初心に帰るべく、「心をミニマルにするたった1つの方法」について見ていきたいと思います。

 

それは、「自分の頭で考えること」。これに尽きます。

 

どんな時にも、私たちは変化を迫られます。

 

常に正解なものがあるのではなく、正解は自分で導き出していくものです。

 

そして、今まで正解として与えられてきたものはすべて、「正解だとみなされてきたもの」となります。

 

だからこそ、高級車を乗り回したり、広くて豪華な部屋に住んだりすることが「正解」であり、正解であるがゆえに羨ましがられてきたのです。

 

しかし、時代は少しずつ変わってきました。これからも変わり続けるでしょう。

 

この記事ではもちろん「ミニマルにしていくこと」を話していくわけですが、自分の頭で考えさえすれば「マキシマムにしていくこと」もまた正解なのです。

 

心をミニマルにするたった1つの方法は、自分の頭で考え、考え抜くこと。

 

この思考が手に入ることによって、シンプルな装いや佇まい、部屋の環境などが手に入ります。これは確実なことです。

 

そして、シンプルな外見を身に纏うことによって、考え方がまたミニマルへとアップデートしていきます。

 

本当に着たいものは何ですか?安いからといって意味もなく服を買っていませんか?

 

本当にそれは心からやりたい趣味ですか?無趣味という生き方も、顕在化していないだけで多くの人が実践しています。

 

本当にその広さが必要ですか?要らないものと同居して息苦しくないですか?

 

本当にその人は、有限の時間の中で一緒にいるべき人ですか?その人にはその人にとっての大切な人がいずれ見つかるから心配しないでください。

 

「本当に」「Really ?」と自分自身に問いかけることは、考えをミニマルにする上で非常に有効です。

 

自分の意思で行動するためにも、常に心の整理整頓、部屋の整理整頓を心がけてミニマルな状態にしていきたいものですね。

 

これからも、どうぞよろしくお願い致します。