心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

これができれば、捨て技術あり。

今回は、「これができれば、捨て技術あり」というタイトルでお話していきたいと思います。

 

私たちは、モノを捨てる際に「モノの値段」について考えるということを以前お話しましたが、ほとんどの人はこれを簡単に実践することができます。

 

他方で、なかなか難しいのが「ちょっと高かった買い物」です。

 

奮発して買った玄関マット。まだまだ使えるけれどデザインが微妙なことに気づき始めた。

 

旅行先で手に入れたシャツ。柄が好きだけどほとんど着ない。

 

雑貨で買った腕時計。気に入っているけれどすぐに電池交換しなければならず、不便。

 

このような、微妙に思い入れがあり、微妙に高価で、微妙に利便性があるものが、捨てるのに一番苦労するモノです。

 

値段にすると、500〜3,000円くらいのモノが、最も迷いやすいでしょう。

 

ここでの「捨て技術」とは、簡単です。

 

500〜3,000円のコストを損切りすることです。

 

中途半端に高価なモノ、そして、イマイチ気に入っていないモノを、仮に部屋に置き続けているとどうなるか。

 

500〜3,000円以上の、精神的なマイナス面が浮上してきます。

 

もう二度と同じ過ちはしないと決意し、手放してみませんか?