心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

水のように、「強く」生きる。

f:id:minipsy:20200312103124j:plain


今回は、老子について述べていきます。中国思想はとっつきにくいように思われそうですが、実は意外と面白いですよ。

 

老子は生没年不詳の思想家で、「道家」の開祖です。実は、「ほんとうにいたかどうか」さえ疑われているような人物です

 

今回は老子の数ある思想の中で、「柔弱謙下」に着目します。「柔弱謙下」とは、「柔和で弱々しそうで、人と争わない謙虚な態度」を指します。

 

例えば「」は、容器に合わせて自らの形をかえることができます。周りの状況をよく見て、対応することができます。

 

しかし、いざとなれば硬い岩をも力をもっています。「力をもっているが、あえて出さない」ところがポイントです。

 

まさに、「上善はの如し」です。

 

ここから言えることは、「本当に強い人間は、自らを誇示することはない」ということでしょう。

 

自分をアピールして他人と争うことなく、自分のすべきことに集中して、生きていけばいいのです。

 

そして、自分の生き方について誰かに批判・非難されても、能力があるからこそ言い返しません

 

なぜなら、自分に自信をもっている人間は、他人の意見を受け入れる器をもっているからです。

 

誰とも競争せずに謙虚な態度で生きている人の周りには、必ず「ほんとうの味方」が現れます。

 

そんな味方たちと、私たちはこの先、あと何人出会えるのかな?・・・