心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

「状況に対してマウントを取る」という考え方。

昨今の自粛ムード。中には気が滅入っている人も少なくないでしょう。

 

私たちは、本当に「健康」あってこその生活なのだと気付かされます。

 

さて、外出がなかなか思うようにできないとき、私たちはどのようなことをしていけばよいのでしょうか。

 

ある条件が不可のとき、必ず別のドアが開きます。

 

外がダメなら、内がある。

 

考え方を上手に変えて、「状況に対してマウントを取る」ことが必要です。

 

「状況に対してマウントを取る」とは、「どのような状況であっても取る行動を自分が取っているのであって、与えられた状況の中で仕方なく取っているのではない」という考え方を指すこととします。

 

「状況に対してマウントを取る」ことによって、私たちは自分の「状況に対する統制感」を持ち続けることができます。

 

この「状況に対する統制感」は、例えばよくお母さんに「勉強しなさい!」と言われてもやる気が出ないときに「なくなる」ものです。

 

自分が決めたこと。自分が決めたからやるという感覚。これが大事なのです。

 

ですから、例えば家でDVDを観る一日を過ごす場合には、「この状況下だから仕方なく観ている」と考えるのではなく、「たとえ今日が日本晴れで、みんなが外出して桜を楽しんでいたとしても、今日は自分はDVDが観たいと思ったから観るのだ」というふうに考えることが大切だということです。