心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

値引きはあなたのためにない

今回は値引き品について、これを選ばない合理的理由を考えていきましょう。

 

前提として、値引き品、ましてや値引きシールド貼り待ちは、なんだか自分の時間を削って商品を手に取るような感覚があります。

 

例えば50円引きの黄色いシールがお目当の唐揚げに貼られるまで5分待ったとしたら、

 

その5分でできたであろう仕事や成果が、50円より安い・安かったという試算になります。

 

つまり、当人の1時間は最大でも600円の価値だということです。

 

そうなるのであれば、値引きされていない、「比較的作りたてホヤホヤなもの」を買ってさっさと帰った方が長期的に見れば得なことがわかります。

 

とにかく人間は、黄色や赤で塗られた「50円引」「半額」というシールに目がいきがちです。

 

しかし、それらのシールは、他に陳列されている品よりも何かしらの点で価値が落ちているから貼られているのだと気づく必要があります。

 

午後2時にもかかわらず「40%引」シールが貼られているお弁当は、「午後5時までに食べてください」という命令付きだということです。

 

つまりそれは、夕食用ではなく、遅めの昼食をとる人に対しての供給なのです。