心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

期間限定の考え方を獲得せよ

今回は、緊急事態宣言という異常な状況における適応的な考え方について述べていきたいと思います。

 

いま、私たちは不安の中に生きています。その原因は、「いつもと同じ日常が送れていない」という焦燥感です。

 

8時に出社し、17時に退社することを、文句を言いつつも習慣化していたあの頃を思い出して、「ないものねだり」をしているのです。

 

ここでおさえておきたいのが「期間限定の考え方」です。

 

「期間限定の考え方」とは、今しかできないことに注目するということです。このブログで再三言っているように、状況に対してマウントを取ることが何よりも大切です。

 

春限定のさくらパンが販売された時、「なんだよ通常の味はねぇのかよ」と憤る人と、「やったー!期間限定の味を試してみよう!」と喜ぶ人に分かれます。

 

あなたは、同じ状況に対して、常に憤るのと、常に喜ぶことのどちらを選択しますか?

 

これは実は結構難しい考えの選択になります。

 

なぜなら、与えられた状況が元々期間限定なんかじゃないからです。

 

だからこそ、意識的に新たに生み出す必要があります。

 

自ら期間限定感を創るのです。創造です。

 

「緊急事態宣言」という言葉さえ、自分自身の考えによって「良い意味で」ねじ曲げましょう。

 

自分のしたいことを家でたっぷりできる宣言など、なんでも良いです。

 

一番もったいないのは、受動的にテレビを見続けること、文句をタラタラ言いながらダラダラ過ごすことだということに気づく必要があるのです。