心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

他人のせいにしていると前進できないどころか後退していて且つそのことに気づけない説を提唱したい

私たちは、いろいろな仕事をしていく中でたくさんの成功と失敗を経験します。

 

基本的には、成功しかしない人や失敗しかしない人は存在しません。長期的な目線で見ると、誰もが必ずどちらも多く享受します。

 

ここでは特に失敗経験に焦点を合わせていきます。自分自身が失敗をした時、一般的には「自分のせいにする」か「他人のせいにする」かのどちらかに帰属します。

※帰属・・・起こった事象をある原因と結びつけて考えること

 

「自分のせいにする」ということは、自分が変わらない限り次の仕事でも失敗する可能性が高いことが(その個人内で)予測されます。

 

よって、一般的に人は成功を失敗よりも望むので、成功に近づくために努力をするようになります。

 

その後何度も失敗するかもしれませんが、圧倒的に成功に向かっていくでしょう。

 

一方、失敗を「他人のせいにする」という選択をした場合はどうなるでしょうか。

 

他人のせいで失敗した(と考えるの)ならば、その他人が改心して頑張らなければまた失敗することになります。

 

さらに、その改心を待たなければなりません。

 

そして、自分自身はぬるま湯の中でその変化を観察するだけです。

 

ちなみに、他人が変わることは滅多にありません。

 

なぜなら、「わたし」が考える他人の変化は、特定の方向に向かった狭い意味での変化だからです。

 

他人が変わるのを待っている間に死ぬのと、自らぬるま湯を飛び出して極寒の中走るのを覚悟するのか。

 

いずれにせよ、自分のせいにすることによる変化は、あなたが望んだ仕事の成果に接近していくでしょう。