心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

「人間関係カロリー」という考え方(1)

人間関係的ミニマリストを目指し、自分自身だいぶ理想の形に近づくことができてきました。

 

そのような中で、ある概念にたどり着きました。できる限り普遍的で誰もが納得感を得るであろうものを模索してきましたが、ここで発表します。それが、

 

「人間関係カロリー」です。

 

「人間関係カロリー」とは、文字通り、「その人と会うことによって摂取するカロリー」です。

 

例えば、食生活で考えると、牛丼いっぱいのカロリーは大手のお店を参照するところによればおよそ700kcalあります。

 

おにぎり1個であれば、だいたい200kcal弱です。

 

ここでは便宜的に、おにぎりはカロリーが低く、牛丼はカロリーが高いとします。

 

人間関係においても、会うだけでお腹一杯になるような「人間関係カロリー高め」の人物と、会って話をしても全然疲れない「人間関係カロリー低め」の人物がいるということです。

 

あなたはいかがでしょうか。この人に会っただけで疲れるという人、3時間話しても全然疲れないという人、いるのではないでしょうか。

 

多くの人々が、ダイエットをする上で食事制限をします。

 

どんなに運動をしても、それを上回るカロリーを摂取していれば、一向に理想のカラダに近づくことはできません。

 

これと同様に、対人関係を上手くこなしていく上では、「どのような人と会うと異常に疲れて、どのような人ならば居心地が良いか」を事前に計算し、会う時間や回数を制限する必要があると私は考えます。

 

この「人間関係カロリー」という考え方は、今後ますます発展させていきたいと思います。具体的な内容については、次回お話をしていきます。