心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

失敗しないゼミの選び方(前編)

今回は、大学一年生の時点で知っておいても損はない「ゼミの選び方」について述べていきます。

 

ゼミ選びは、中途半端な気持ちで先輩の意見を鵜呑みにして選択すると、かなり高い確率で失敗します。

 

そして失敗してしまうと、高確率で精神的に病み、就活との両立も困難になります。

 

それでは以下の3つのカテゴリーに分けてお話をしていきましょう。 

【1. ゼミとは何か?】

【2. なぜゼミ選びが重要なのか】

【3. 具体的にやっておいた方がいいこと】

 

【1. ゼミとは何か?】

ゼミと言ったり研究室って言ったりしますが、簡単に言えば特定の一人の教授・准教授の元で少人数で指導を受けるものです。

 

ゼミの構成メンバーは、教授と学部生(場合によっては大学院生)。学部生の中には、はじめて大学院生をみて「結構年取っているのになんでいるんだろう?」と思うかもしれません。

 

ゼミのメンバーは運命共同体無人島にメンバーと教授とだけで住んでいるよう感覚になる。視野がとても狭くなる危険性も伴っているのです。

 

ちなみに、ゼミの中で卒論を書く際のステップは4つに分けられます。

[1]研究テーマを設定

 ↓

[2]先行研究を読んで自分なりの視点を見つける

 ↓

[3]実験・観察(データ集め)

 ↓

[4]卒論執筆

 

ここでおさえておきたいポイントを述べておきます。

 

高校までの教員は、教えることがメインで学校に来ています。

 

しかし大学の教員は、教えることがメインではありません。

 

教員免許がなくても、大学教授になることができるのです。

 

自分の研究が本業なので、ちなみに放置プレイの人もいたりします(全員ではありません)。自己責任という名のネグレクトです。

 

 

【2. なぜゼミ選びが重要なのか】

ゼミの中では、良くも悪くもその教授・准教授の思想を頭にぶち込むことができます。

 

ゼミはとにかく、相性です。もちろん同じゼミの仲間との関係性も大事ですが、圧倒的に「学生と指導教官との関係」の方が重要です。

 

なぜなら、

 

卒論の審査(卒業)に一番関わるのが指導教官だからです。

 

このつづきは、次回に書きます。