心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

【2020年の社会心理学研究】排斥のターゲットになるパーソナリティとは?

社会的排斥は、集団の中から特定の誰かを排除したり無視したり拒絶したりすることをいいます。

 

一般的に考えれば、社会的排斥を避けたいでしょうし、排斥されることが私たちにとってネガティブな影響をもたらすことは多くの研究で確認されています。

 

今回は2020年のJPSPの論文を紹介します。

 

Rudert, Keller, Hales, Walker, & Greifeneder (2020)の研究では、パーソナリティという視点から、排斥の標的になりやすい特性が調べられています。

 

6つの研究によって判明したのは、agreeablenessとconscientiousnessが低い個人が、特に標的になりやすいということです。つまり、

 

「感じが良い」という性格、および「良心的である」という性格の傾向が低いと、排斥されるリスクが高まるということです。

 

この二つの傾向が低いことによって、ステレオタイプ的に「排斥されやすい」というレッテルのようなものが貼られ、このような人々は実際に排斥された経験をより多く報告していたこともわかりました。

 

さらに、このような性格の傾向において1つネガティブであることは、別の側面でたとえ1つポジティブだったとしても埋め合わせることができないというようです。

 

おそらくではありますが、このようにして「互いに感じが良い人たちだけが集まる集団」へと化していき、そうでない人たちはどんどん排除されるのでしょう。

 

また別の見方をすれば、感じの良さ以外の性格特性においては、「それがあるから排斥される」ということも(この研究の視点からは)ないようです。

 

 

【引用文献】

Rudert, S. C., Keller, M. D., Hales, A. H., Walker, M., & Greifeneder, R. (2020). Who gets ostracized? A personality perspective on risk and protective factors of ostracism. Journal of Personality and Social Psychology, 118(6), 1247–1268.