心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

誰もが必ず一つは心に闇を抱えているという話。

私がミニマリスト的な生活・人間関係を築いている理由は、「人間が嫌いだから」ではありません。

 

むしろ私は人間が好きです。特に、何かに夢中になって努力している姿には胸を打たれます。

 

しかし、出会う人間の数だけ、その人の抱えている悩みを見抜いてしまい、共感してしまうのが疲れるから、ミニマリスト的な生き方をした方がラクだと気づいたのです。

 

誰もが必ず一つは心に闇を抱えています。そしてそれを、私は見逃すことができません。

 

そしてその闇の多くは幼少期に受けた嫌な思い出、自分の身体や能力に関するコンプレックスから生じています。

 

実はこのコンプレックス、あることから起因しています。

 

それが、「他者との比較」です。

 

私たちは、他者と比較することさえやめてしまえば、ほとんどの悩みから解放されます。

 

しかし、そんなことはできません。

 

積極的に解決することを恐れて見ないようにすればするほど、そのコンプレックスは抑圧されていき、深い悩みになっていくのです。

 

ポイントは、誰もが闇をもっているということ。

 

あなただけではないことは、もう確実です。

 

一見華やかに見える人でも、見せていないだけで闇をもっています。

 

むしろ、そういった人たちの方がより多くの悩みを抱えており、それを原動力として「魅せる努力」をしているのかもしれません。