心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

見た目を気にするミニマリストなんか辞めちまえよ

部屋の一部を片付けて、部屋の一部から全てのものを移動させて、大量のガラクタや日用品、ゴミ袋を背にして撮ったミニマリスト的空間。

 

正面に見えている世界だけが、真実じゃない。

 

誰かに見せるためのミニマリストは、意味がない。

 

なぜならそれが商品化や書籍化につながり、結局は他人のものを増やすことになっているからだ。

 

そして、どんなにモノを減らしまくっても、頭の中が煩悩だらけならば、モノを減らした意味などあるのだろうか。

 

それは確率的な問題に過ぎず、「モノがたくさんあるけれど考えが洗練されている人」よりも、「モノを減らして考えを洗練させた人」の方が多く見えるし、きっと後者の方がキレイに見えるだけだ。

 

自分の考えをミニマルにすることさえできれば、究極的にはモノを減らす必要さえない。

 

モノのために使うスペースを含めても余りあるくらい広い部屋に住めばいいだけの話だし、その部屋たちのうちの一つをミニマルな空間にしておけばいつでも瞑想できる。

 

モノを減らすことで、全て完結したように勘違いしてはいけないのだ。