心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

早めの退職がもたらす二つのメリット

ミニマリスト的な人生デザインをしていく上で、重要なのは「選択」です。

 

そして、一度決心がついているのなら、できるだけ早く選択をした方が賢明です。この理由を二つ、今回は述べていきます。

 

【1. 余裕を持って次の職場を探すことができる】

仕事を辞めるにあたって誰もが懸念しているのがお金の面です。

 

今辞めるのは本望だけれど、次に良い職場が見つかるとは限らない。

 

しかし、よくよく考えてみれば、「現職場に入る前にも、同じような悩みを抱えていたのではないか」と感じませんか。

 

なぜ、最初のAに入る前の悩みをクリアしたのに、次の(ハードルが低いはずの)Bに入る前の同じ悩みにビビってしまうのか。

 

これは社会心理学でよく言われる「ネガティビティ・バイアス」です。すなわち、人は得るときよりも失うときの方がストレスを感じやすいのです。

 

よって、このように次の職場に移る勇気がないのはあなたのせいではなく、あなたが人間・社会人である以上感じて当たり前のことであることを強く認識する必要があります

 

誰もが等しくそのように悩むのであれば、行動は早い方が賢いということです。

 

少なくとも「もうこの職場に居続けることは無理だな」と思ったのなら、アクションこそしなくても、次の場所を探す時間を10分でも捻出して、選択肢を増やしておくことをおすすめします。

 

そうして選択肢を増やして、「やっぱり今の職場でいいや」と思っても、ノーダメージですよね。

 

【2. 現職場に対して罪悪感なく辞めることができる】

お人好しの人であればあるほど、「辞める会社」の未来を考えてしまいます。

 

しかし、残念ながらと言うべきか「ほとんどの職・ポジションは代わりがいくらでもきく」ことを頭に入れておかなければなりません。

 

日本の政治を担う総理大臣でさえ、数年で代わるくらいですから、「そこにいるべきは絶対にあなた」ということは、辞職を止めるためのリップサービスで使われることはあっても真実ではありません。

 

さて、職場を去るときには、「自分がいた場所に誰かが配属される」ことになるわけですが、そのような引継ぎも、辞める決断が早まれば早まるほどスムーズになります。

 

職場側にとっても、次の採用などに動き出すのが早い方が遅いよりもありがたいに決まっています。

 

なぜなら、代わりがきくのは確かだけれど、その「代わり」を見つけるのに時間がかかるのもこれまた確かだからです。

 

よって、あなた自身が本当にその職場にお世話になったと感じているのなら、気の迷いを全て捨て、退職する意思を早めに伝えましょう。

 

ただし、二言はタブーです。