心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

周りに同調しない人は、実は〇〇に見える。

Bellezza et al. (2014)の研究では、非同調的な行動に対して人々がどのような反応をするのかについて検討されています。

 

非同調的な行動は、その人自身の地位や能力について他者からポジティブに見られるようです。

 

Bellezza et al. (2014)の実験では、同調している個人よりも、同調していない個人の方が地位や能力が高いと予想していたことが明らかとなりました。

 

例えば、豪華なブティックにジムで着るような服装で入ると、その人は「同調していない」とみなされますが、同時に高い能力・地位を持っていると推定されたということです。

 

こういった予測は、自律性(autonomy)が知覚されることによって媒介されており、その人物を観察する人の独自性欲求によって調整されていたようです。

 

ちなみにこの予測は、観察者がその状況について詳しくない場合(ブティックに買い物に来る人がどのような人かなど)には見られにくいということです。

 

【引用文献】

Bellezza, S., Gino, F., & Keinan, A. (2014). The Red Sneakers Effect: Inferring Status and Competence from Signals of Nonconformity. Journal of Consumer Research, 41, 35–54.