心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

時には、負けることも大切。

自分に本当に合っている仕事は、必ずある。

 

「そんな仕事あるわけない」と叫ぶ人は、単に探すことを諦めているだけ。探し方が十分でないだけ。

 

では、どうやったら自分に合った仕事を見つけ、そこに最大限の自分の人生を賭けることができるのか。

 

それは、「負ける」ことを恥ずかしがらないことだ。

 

「負ける」ということは、その道のプロフェッショナル と出会い、「そいつには敵わんな」と思い、撃沈することを指す。

 

そもそも勝負には、勝負と言うくらいだから「勝者」と「敗者」が存在する。当然のことだ。

 

しかし多くの人は「負けるのは恥ずかしい」「できるだけ負けたくない」と思ってしまう。

 

その結果、「自分の人生を左右するような勝負を避ける」という行動に出る人も少なくない。

 

負けることを回避すると、「適性のない場所で戦い続ける」ことになる。

 

棄権し続けることで、たしかに状況は悪化しないかもしれない。しかし好転することもまた、絶対にない。

 

誰かがチャンスをくれることは、実は現実世界ではほとんどないのだ。

 

勝負を回避し続けると、負けることよりは精神的に安定するかもしれないが、誰からも「見つけてもらえない」。

 

勝負に挑み、しっかりと負け、それを多くの人に見られてしまうことは、たしかに「一瞬」だけ恥ずかしい。

 

しかし、「ここは自分の戦える場所ではないかもしれない」という感覚によって、その恥は快感にすらなるのだ。

 

自分の勝負すべき場所じゃないと気づくことができれば、なぜこれまで自分が悩んできたのかが全部わかる。

 

向いていなかったから。

 

いきいきと仕事をしている人は、「自分よりも頑張っているから」ではない。「自分よりも適性を見つけるのが上手かったから」だ。

 

あなたも、目の当たりにしたことがあるのではないだろうか。

 

同じファミリーレストラン、同じカフェでも、「いらっしゃいませ」の声から接客全般まで、楽しそうにやっている人と、つまらなそうにやっている人。

 

「なんでここで働いているの。」と思ったことはないだろうか。

 

他人のこと(他人の仕事の適性)は簡単にわかるのに、こと自分のことになると、それがわからなくなる。

 

いや、考えると悔しいから、あえて考えないことにしているのかもしれない。