心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

男性の方が女性よりも「異なる」?

※今回ご紹介する研究はあくまで「一つの研究」として認識していただければと思います。

 

男性は女性よりも、性格特性において多様なのか。

 

進化的にも遺伝子的にも文化的にも、この仮説は主張されているようです。

 

Borkenau et al. (2013)の研究では、51ヶ国の約12,000名の大学生を対象に調査を行っています。

 

この調査では、彼らがよく知っている第三者について性格を描写してもらいました(Revised NEO Personality Inventoryを使用)。

 

結果、ほとんどの文化において、男性ターゲットの方が女性ターゲットよりも多様であったことが示されました。

 

さらに、女性の情報提供者による評価の方が男性の情報提供者によるそれよりも多様だったことから、男性自身の自己評価においてそのような分散が現れなかった理由が示されたということです。

 

この多様性は、先進国で見られる傾向にあるようです。

 

さらに、個人主義的な文化の中で生きることによって、性格特性を表現することに対する制限がなくなる傾向にあり、この結果、男性における多様性が生まれると研究チームは考察しています。

 

【引用文献】

Borkenau, P., McCrae, R. R., & Terracciano, A. (2013). Do men vary more than women in personality? A study in 51 cultures. Journal of Research in Personality, 47, 135-144.