心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

逃げてはいけない。逃げ切るのだ。

本当に辛い時。

 

主観的なライフポイントが半分以下になった時。

 

愛とかカネとか、そういったことを考えたくなくなる時は、誰にでもあります。

 

自分の人生なのに、どこか遠慮している自分がいる。

 

友達と寿司をとって食べているときに大トロを遠慮する理由はわかるけれど、自分一人で遠慮していたら腐ってしまうよ。

 

つまり、考える力が疲弊し、無駄に自分を過小評価しているのだ。

 

そんなときに、無理やり脳味噌を酷使しても、その方向は全て自己批判になってしまう。

 

よく、「逃げたいならば逃げていいよ」という甘い言葉がある。思考停止の脳内に染み渡る、カルーアミルクのような味がする。

 

これは、半分正しいが、半分間違っている。

 

逃げるのなら、逃げ切らなければならない。

 

午前3時に訪れる死の恐怖。闇に飲み込まれそうになる時はじっと朝を待つしかない。

 

とにかく、別のことを考えたり気を紛らわせたりして、自分を対象から遠ざけることが必要なのだ。

 

とにかく、逃げ切れ。

 

ポイントは、今の自分の気持ちは、びっくりするくらい一過性のものであり、明日も継続している確率は予想以上に低いということ。

 

完璧主義から距離をとって、ダラダラ過ごし切ることもときには必要なのだ。