心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

Tシャツ爆買いから離れよう

暑い夏も、いずれは過ぎ去り秋になります。

 

その中で、お店に行けばTシャツセールをよく見るようになってきます。

 

そして、ついついデザインでセレクトし、後々で後悔してしまうことも少なくないでしょう。

 

さて、このように不必要なTシャツを購入しないようにするためには、どのような考え方を持てば良いのでしょうか。

 

その答えは、「Tシャツ売り場を一つの絵としてみないようにする」ということです。

 

Tシャツはたいてい「お腹側」が表の状態で並べられています。

 

したがって、購入者は「絵を気に入り、その絵を身につける」感覚になり、無駄買いにつながってしまうのです。

 

このような買い方だと、生地感を確認せず、結局着続けずにクローゼットに仕舞われて終わりです。

 

Tシャツを買う前には、必ず「どんなボトムスと合わせるか」や「どんな場に着ていくか」など、必ず機能的な側面について考えましょう

 

もし機能性について考えてもそのTシャツを買おうと思うのならば、むしろセールでラッキーだといえます。

 

衝動買いが最も起こりやすいTシャツ、買う前には一度別の階に行くなどし、冷静さを取り戻すこともアリかもしれませんね。