心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

新しいモノを買わなくする画期的な方法!

「日常生活ミニマリスト」になっていく上で、「不必要なモノを買わない」という習慣は必ず持っておきたいものです。

 

今回は、そのような習慣を形成するための準備として最適なことをお伝えしていきます。

 

私たちは新しいモノを欲しがります。その理由は「新しいから」です。

 

しかしこの「新しさ」というものは、客観的に見るものではなく、主観的なものにすぎません。

 

あなたは、例えば実家に帰ったときに久しぶりに手に取る本をどのように捉えますか?

 

おそらく、「新しく見えた」のではないでしょうか。

 

どうやら私たちは、たとえ数ヶ月間であっても、自分の目に入っていないものを見たときに新しく感じるようにできているようなのです。

 

これを洋服に置き換えて考えると、まず、あなたが季節的に着ない服や、着るとしてもあまりに多すぎる場合にはその一部をあえて「絶対に視界に入らない場所」に数ヶ月間保管しておきます。

 

そして、一定期間が経過し「そろそろ新しい服が欲しいな」と思ったらその場所から服を取り出すのです。

 

すると、以前購入したものであったとしても「新しいものを買おう」という気持ちが減少します。

 

これが、普段から目に見えるモノである場合には、「自分のものである」という感覚を無駄に持ち続けさせることになるのであまり効果がありません。

 

本についても同様です。普段なら絶対に見ないような場所に数冊の本を隠しておき、「新しい本が欲しいな」と衝動的に思ったときにそれを取り出すのが効果的です。

 

本についてはもちろんどんどん買った方がよいと個人的には思いますが、これは積ん読解消」にも効果があります。

 

すなわち、新しい本あるいは新しく見える本については、新鮮な気持ちが湧き上がり、なんだか読みたくなってしまうのです(書店で買ったばかりの本が一番集中して読めるという経験を、あなたにもあるはずです)。

 

一度視界から上手に離して、忘れた頃に宝探し感を演出すると、生活も楽しいですし、節約にも繋がるかと思います。