心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

本音でしゃべることが良いとは限らない。

日本人の特性・独特の振る舞いというわけではなく、「本音でしゃべる」ことが必ずしも良いとは限らない。

 

時々、「本音でしゃべることは正義である」という面をして、ズケズケと他人の短所を言っている人がいるが、下品でしかない。

 

たとえ圧倒的に真実でも、その人にそのタイミングで伝えないといけないと本人(話し手)が思っていたとしても、相手がそれを受け止められる状態であるかどうかを見極める必要がある。

 

さらに、年下から年上に対して「正義」という名目で正直なことを言い過ぎるのもただの「生意気」でしかない。

 

スイッチを切り替えて、本当に言うべき時が来たら、本音で話しても良いだろう。

 

しかし、この社会にはルールがある。

 

そのルールに則った上で、自分らしさや正直さを出していくというスキルを身につけていく必要があるだろう。