心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

後悔してもしょうがない時に後悔するの?

あなたは、どのようなときに「後悔」をしますか?

 

心理学の研究でも、この後悔について多くの実証研究がなされてきました。

 

ある説によれば、人間は「将来の機会を知覚することによって後悔が強調されてしまう」というものもあるようですが、今回ご紹介する研究は違います。

 

Beike et al. (2009)の研究では、「もはや取り返すことのできない」ことに対して最も後悔をすることが示されました。

 

つまり、この研究から示唆されることとしては、「未来に取り返すことができる余地がある」場合には、「もうどうすることもできない」場合よりも、後悔が少ないということです。

 

希望がある方が、後悔しにくいということですね。

 

おそらく、まだ取り返すチャンスがあることによって「後悔する暇があるならアクションを起こしなさい」と自分自身を鼓舞することができるからでしょう。

 

たしかに、後悔とは「あの人に告白しておけばよかった」「もっと挑戦しておけばよかった」というような、修復不可能な過去に対して持つ感情のような気もします。

 

とはいえ、もう取り返すことのできないことに対して悔やんでも仕方がない部分も少なくないでしょう。

 

前に進むためにも、「二度とこんな後悔はしたくない」という強い気持ち・強い感情を一旦味わい尽くすことが重要なのかもしれません。

 

【引用文献】

Beike, D. R., Markman, K. D., & Karadogan, F. (2009). What We Regret Most Are Lost Opportunities: A Theory of Regret Intensity. Personality and Social Psychology Bulletin, 35, 385-397.