心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

関係を良くするためにシェアすべきものとは?

人間関係をミニマルにした後、大切な友人関係・恋人関係・家族などにおいて是非実践していただきたいことがわかりました。

 

これは、Reis et al. (2010)の研究で明らかになりました。

 

ずばり、「良いニュース」です。

 

良いニュースを共有することで、私たちの人間関係における満足度は上昇するということが研究によって示されました。

 

ここから言えることは、よく言われる「幸せは2倍、悲しみは2分の1」という通説がある程度正しいということです。

 

コミュニケーションの際に良いニュースをたくさんシェアすることで、私たちはその良いニュースの価値をより高く感じ、さらにその良いニュースに対する相手の反応が熱狂的なものであることによって、その相手に対する満足度も高まるようです。

 

何か良いことがあったら、積極的に共有していきましょう。

 


【引用文献】

Reis, H. T., Smith, S. M., Carmichael, C. L., Caprariello, P. A., Tsai, F.-F., Rodrigues, A., & Maniaci, M. R. (2010). Are you happy for me? How sharing positive events with others provides personal and interpersonal benefits. Journal of Personality and Social Psychology, 99(2), 311–329.